フラット35の団体信用生命保険は必要?

フレット35で住宅ローンを借りる場合に任意の団体信用生命保険への加入は必要なのでしょうか?

フラット35の団体信用生命保険は必要?

住宅ローンを比較する場合に団体信用生命保険って入らないとダメなんでしょうか?

団体信用生命保険とは、借入れ契約の本人が死亡した場合や指定疾病(契約内容による)になった場合などに住宅ローンの残債を保障してくれる生命保険のことです。

つまり借りた人が死んだ場合にお金を返せなくなるので、保険を掛けて保険会社に返済してもらおうということです。

そうすれば金融機関としても貸し倒れになるリスクを回避することができます。

そのため民間金融機関に住宅ローンの借入を申し込む場合、必ずと言っていいほど団体信用生命保険への加入が必須となります。

住宅金融公庫のフラット35だけは任意加入となっていますが、大半の人が団体信用生命保険には加入します。

やはり住宅ローンの返済は長期間に渡り高額な借入額になるので、万が一のために加入しておくのです。

もちろん団体信用生命保険に加入すれば、保険料を支払わなければなりません。

団体信用生命保険の保険料(団信料)についてはの設定は各金融機関によって異なります。

最近の銀行住宅ローンのトレンドでは、保険料は金利に含まれる商品が増えています。

他に「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」などの3大疾病(8大疾病)も含めた特約を付けることも可能です。

もちろん特約を付ける場合は、追加で保証料を払わないといけませんが、安心のために利用する人も多いようです。

住信SBIネット銀行の住宅ローンでは、死亡や所定の高度障害状態が対象の団体信用生命保険に加えて、8大疾病(高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎を含む)も基本付帯として借入れすることができます。

つまり団信料に加えて8大疾病保障も無料(金利に含む)で住宅ローンを利用できるということです。

 

団体信用生命保険で審査落ちすることもある

このように金利に含まれた住宅ローン商品であれば、加入は必須となります。

逆にいうと、団体信用生命保険に加入できれなければ、ローン審査に落ちることになります。

団体信用生命保険は生命保険なので、借り主の健康状態が審査されます。

だから、収入や返済能力などの与信力に問題がなくても、健康状態に問題があればローンを組めなくなります。

その場合は、フラット35を利用して団体信用生命保険は加入しないということで、住宅ローンを組むことは可能です。

しかし、万が一の不慮の事態に備えることはできないので、そのつもりで住宅ローンを借りなければならなくなります。

 

フラット35でも団体信用生命保険は加入すべき?

フラット35では加入は任意ですが、大半の人は加入します。

もちろん団体信用生命保険ではなく、他の生命保険会社の生命保険を利用する人もいます。

どちらもメリットとデメリットはあります。

団体信用生命保険の場合は、保険料は年払いで残債に応じて返済額が減っていきます。

しかし、借入れ当初はローン残高も多いので、保険料は高くなります。

新居を購入して数年は手持ちの資金も少なくなっている時に、高い保険料を支払うのは家計にもキツイです。

生命保険の場合は、ローン残高に関係なく一定の保険料を支払うことになります。

そのため借入れ当初では団信料よりも安い保険料であることが多いので、家計への負担も少なくてすみます。

もちろん加入期間中は一定の返済額なので、団信料のように加入期間に応じて返済額が減ることはありません。

加入期間が経過すれば経済的にも余裕が生まれてくるので、家計への負担としては団信料よりも生命保険の方が利用しやすいかもしれません。

 

それでもフラット35では団体信用生命保険を利用する人が多い

一長一短の団体信用生命保険ですが、それでも利用する人は多いです。

というのも、住宅ローンの申し込みと同時に手続きを進められるので、面倒くさくないからです。

生命保険会社の生命保険を利用する場合は、改めて生命保険比較を自分でしなければなりません。

結構面倒くさいんです。

ファイナンシャルプランナーとか生命保険の代理店などを呼んで説明を聞いて、サービス内容や保険料を比較して選ぶにはかなり大変です。

保険についての知識も必要となるし、ただでさえ住宅ローンの手続きで忙しいのにやってられないというのが本音です。

そういう意味からもフラット35を利用する人でも、任意で団体信用生命保険に申し込む人が多いのです。