フラット35の団体信用生命保険は必要?

フレット35で住宅ローンを借りる場合に任意の団体信用生命保険への加入は必要なのでしょうか?

住宅ローンの返済ができなくなってしまったら

住宅ローンの返済ができなくなってしまう時があるかもしれません。


職を失ってしまった時や、収入が激減してしまった時、住宅ローンの返済にまでお金を回すことができなくなってしまうという人もいるでしょう。


数か月だけ返済が滞る場合には、保証会社が負担をしてくれますから、早急に住宅から出ていかなければいけない事はありません。

ですが、今後保証会社に返済するお金もなく、住宅ローンの返済をすることもできなくなってしまう状況であるならば、住宅を売却することを検討しなければいけません。

 

金融機関は冷たいよ


銀行側としては、抵当権に入っていますから、半年間返済に滞りが生じると、競売にかける準備が開始されることになります。

返済の滞りから1年もたたないで、売却されてしまう事がほとんどです。

競売にかけられてしまうと、一般的な不動産会社に売却するよりも安い価格での売却となってしまいます。

だから今後に返済が難しい場合には、自分自身で売却を進める方が良いでしょう。

このな時の金融機関って超冷たいですから。


すでにお金が全くない状態である人が大半となりますから、少しでも住宅は高く売却できる方が良いでしょう。

住宅ローンの残債に届かない価格で売却されてしまうと、借り入れだけが手元に残ってしまいます。

ですが、住宅の相場に見合った価格で販売しないと、売却することができず、結果的に、競売にかけられてしまう事もありますから、注意しましょう。

競売にかけられてしまったら、自分自身で売却をすることができなくなってしまいますから、売却を決めたらすぐに行動に移しましょう。